誰でもできる中古車の買取査定で損をしない方法とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)

中古車を買取査定に出す時、車をきれいにしておくのに越したことはありません。
中には目立つキズや大きなヘコミがある車を買取に出そうとする場合もあると思いますが、これを修理して査定に出すとかえって損をすることがあります。

大きなヘコミや目立つキズはもちろん中古車の買取査定にはマイナスになってしまいますが、たとえ修理に出してから査定に出したとしても、修理にかかった代金をそのまま買取価格に上乗せしてくれるわけではありません。
市販のコンパウンドで隠せるような小さなキズであれば、買取査定前にワックスがけと一緒にやっておいて損はありませんが、自分では直せないようなへこみやキズはそのままにしておいた方が良いでしょう。

同じように車検が切れそうな車を買取に出す時も、無理に車検を通す必要はありません。
これも査定前の修理と同じように車検にかかった費用を上乗せして査定してくれるわけではないので、車検が近いから車検を通してから査定に出そうと考えていると、買取価格も下がるかもしれませんし損をするだけです。

また、事故歴や修理歴を隠して査定に出す人もいますが、これは絶対にやめましょう。
査定員は査定のプロですから、事故や修理の跡はきれいにしてある部分よりも特に注意してチェックしています。
嘘をつけばそれだけ心証も悪くなりますし、後でばれて査定に大きく響く前に正直に言っておきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://united-multimedia.org/mt-tb.cgi/1

コメントする