車を査定するときの方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

車を買い換えたり、何らかの事情で車を手放すことになったら、中古車買取業者等を利用して、車を売ることになります。
その際に、車は査定をして価格を割り出してから、実際に売るかどうかの交渉や手続きを行います。
車の査定の方法は、現在ではある程度決まっていることですから、事前にどのような査定をするのかを知ることが出来ます。
>>タント 査定

査定の方法を事前にチェックしておくことで、より高く売るための対策も取れます。

査定の方法は、まず外装や内装と言った見た目のチェックを行います。
キズやへこみ、シートが破れていないか等の、目で見たときにわかる部分をチェックします。
また、匂いのチェックも行いますから、ペットを頻繁に車内に入れて走っている人は、注意すべきポイントです。

次に、エンジン部分等、ボンネットを開けたときにわかる部分をチェックします。
エンジンや足回り等、この辺りは技術的な視点が入りますから、素人には少し対策しづらい部分ではあります。

そうして、車検までの残り期間や走行距離、タイヤのすり減り具合についてチェックしていきます。
最後に、事故の具合や改造などについてチェックして、車についての査定は終了します。

以上が、査定の方法です。
査定を終えて、実際に売れる金額が決まったら、売るかやめるかを決めて、売る場合には交渉と手続きに進みます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://united-multimedia.org/mt-tb.cgi/3

コメントする