2014年12月アーカイブ

車のディーラーと買い取り専門店には、いくつかの共通点があります。その1つは、査定を行ってくれる点です。
その2つのタイプの業者では、どちらも車の買い取りをすることは可能なのです。そしてどちらの業者も、必ず査定を行ってくれます。いわゆる車の目視確認を行った上で、売却金額を決定する訳ですね。その点は、どちらも共通しています。

しかし業者には、ちょっとした違いもあるのです。出張の有無ですね。
車の買取専門店というのは、積極的に出張をしている一面があります。全国の幅広い地域に対して出張している、無店舗型の買い取り業者もありますね。全国対応している出張買取の業者は、本当に多いと思うのですが。しかもその出張の料金も無料なのも、大きなメリットですね。実店舗を構えている業者でも、非常に幅広い地域に出張しているのですが。

ところでディーラー店の場合は、果たして出張してくれるのでしょうか。

出張している業者は、少数ながら存在します。例えば埼玉県の坂戸市にある業者です。その業者の場合は、若葉駅が最寄のようですね。そこから非常に近い場所で店舗を構えているのですが、その業者の場合は出張査定は可能なのだそうです。

ですのでディーラー店によっては、一応出張行っている状況ではあります。しかし、非常に少ないのが現状ですね。ほとんどのディーラー店の場合は、実店舗で査定を受け付けている状況なのです。

それに対して買い取り店の場合は、全国の幅広い地域に出張を行なってくれますね。買い取り店の場合は、全体の9割以上の業者が出張している状況ではないでしょうか。しかしディーラー店の場合は、あくまでも実店舗になるのが特徴です。遠方に住んでいる方にとっては、やり買い取り店の方が利用しやすいかと思います。

車の売却をする方法には、オークションがあります。買取業者に売却する方法もありますが、オークションの方が高く売れる事も多いですね。ですのでネットでの掲示板などでは、車の買取業者よりもオークションの方が良いと書かれている事もあるのですが。

ところで人によっては、改造済みの車をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。いわゆるカスタムカーですね。中にはかなり個性的な改造している方もいらっしゃいます。

車の買取業者の場合は、カスタムカー専門店に持ち込んだ方が高く売れやすくなります。ディーラー店の方は低くなりがちなのですが。ではネットオークションの場合は、改造はマイナスになるのでしょうか。

そうとも言えません。改造が行われていても、オークションで高く落札される可能性はあります。
ただ問題なのが、どのような改造が行われているかですね。改造次第では、ちょっと売却が難しくなる事もあるようです。

例えば車には、イメージカラーと呼ばれるものがあります。その車に合う色というものがあるのですが、人によってはそれとはちょっとかけ離れた色にしてしまっている事があるそうです。その場合は、ちょっと落札されづらくなるようですね。

またダウンサスというのは車の買取業者では高く評価されがちですが、あまりにも車高が低すぎるのも問題です。一歩間違うと車の下の部分が地面に擦れてしまうほど車高が低くなっていますと、やはり落札率は下がるそうです。

要するにあまりにも個性が強すぎる改造が行われていると、ちょっとオークションでの落札が難しくなる事もある訳ですね。逆に客観的に見ても高い評価を受けそうなカスタムカーの場合は、オークションでも落札されやすくなるのだそうです。もしくは大人気の会社の改造パーツが用いられている時も、落札されやすくなるようですね。
このように改造車でも落札されるか否かは、改造の内容次第という訳ですね。